プロフィール

ミスター

Author:ミスター
性別:男
出身地:愛知県
棲息地:愛知県
好きなアーティスト:
QUEEN,Billy Joel,Bon Jovi,ザ・ドリフターズ

M・CAFEでは、コーヒーの仕入、品質管理、焙煎、抽出を担当しているQグレーダーです。

M・CAFEは
愛知県豊橋市牛川通1-18-1
tel/fax 0532-39-8253
OPEN 11:00~19:00
定休日 日曜、月曜
です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

今日のミスターと焙煎機

2013.02.06 Wed

こんにちは、小雨舞う豊橋からミスターです。

本日もミスターは相棒の焙煎機とともにコーヒー豆を焙煎しておりました。

まずは生豆を保存してあるバッグから出します。
コーヒー豆はコーヒーノキの実の種子ですから、そのままではあの香り高いコーヒーは飲めません。

種子(生豆)を加熱(焙煎)して細かくグラインドし、それにお湯を注いだりお湯に浸したりして抽出するのです。
生です

この生豆の質が味のほとんどを決めるといっても過言ではないでしょう。
良い素材が美味しい料理になるのと同じように、品質の良い豆が美味しいコーヒーになります。

ホッパー

焙煎機の釡を予め温めておいて、適温になったところで
生豆を焙煎機のホッパーから中に投入します。
焙煎中

そして、このように加熱していくのですが、いくら品質の良い豆でもここのプロセスでそのポテンシャルを発揮できるかが決まります。
毎度真剣勝負の時間なのです。

豆の焙煎度合いを測りながら
「この豆の魅力はここで表現する~!!」
というタイミングで一気に豆を釡から出します。

このタイミングはミスター手が離せないので画像はありません(^^)

そして
焼き上がり

こんな感じで焼きあがるのです♪

1種類の生豆でも加熱具合(焙煎度合い)で味は異なってきますから、初めに取り寄せた生豆はサンプルローストを作り、カッピングをして特長をつかみます。

その後でさらにいくつかの焙煎度合いのサンプルを焼いてカッピングしてその豆を一番おいしく飲んでいただけるであろう焙煎度合いを決め、やっと大きな焙煎機での焙煎となります。

こうやってM・CAFEのコーヒーの味は選ばれています。


M・CAFEではミスターの情熱で焼き上げたコーヒーと、パティシエの笑顔溢れる心が作り上げたケーキを組み合わせていただくと笑顔になってしまうのは、きっと皆様の笑顔を想像しながら準備しているからだと思います(^o^)



スポンサーサイト

Category: コーヒー

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。